2007年07月02日

ありがとうございました

bal 584.jpg
 
 ツイスターズ2007、盛況の内に閉幕です。
 
 参加していただいた全国のツイスターの皆様、そしてご協力いただきましたスタッフの皆様、ホントに、ホントにありがとうございます。
 
 来年は広島でお会いしましょう
posted by ツイスターズ2007実行委員会 at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 話題一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月16日

あと2週間きりました

 お久しぶりです、ツイスターズ2007実行委員会です。
 
 ブログの更新が久しぶりだなぁと思っていたら、ツイスターズまで10日あまり。
 ここにきて、かなり急ピッチで準備を進めている実行委員会です。
 
 さて、ホームページ上では、まだ不明な点があると思いますので、難点かこちらで補足します。 
 
 まずはワークショップですが、長い間秘密にしておりました講師ですが、昨年も小牧にお越しいただきました「エド・チー」さんのワークショップを予定しております。残念ながら、講座内容はまだ決まっていませんが、きっと有意義なものだと思います。

 また、食事に関してのお問い合わせもよく聞きます。
 ツイスターズ2007の会場であるNSTホール内には軽食喫茶があります。
 それ以外にも、ツイスターズ2007実行委員会では、昼食弁当だけ、数を限定してご用意いたしますので、こちらもご利用下さい。
 
 他、会場近くの飲食施設ですと、200m以内のところにマクドナルド、ガストがあります。 
 
 また昨年の小牧のツイスターズせんべいのようなオリジナルのお土産もお問い合わせがありますが、ツイスターズ新潟では”記念缶バッジ”を販売いたしたいかと思います。バッジのイラストは、地元の漫画家、高橋郁丸先生に描いていただきました
 かさばらず、またバルーンバッグや、バルーンエプロンなどにつければ小粋なワンポイントにもなります。
 新潟お土産にお一つ如何でしょうか。

 以上、ホームページ以外で皆さんにお知らせできる内容です。
 他、不明な点などございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい
posted by ツイスターズ2007実行委員会 at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 話題一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月22日

新潟カツ丼


 さて、今回の新潟名物はカツ丼を紹介しましょう。
 カツ丼なんてどこにでもあるよと言う方がいらっしゃるかとは思いますがさにあらず一般的なカツ丼は、豚カツを出汁で煮て、卵でとじたものですが、新潟のカツ丼ではタレカツ丼と呼ばれるカツ丼が有名です。
 
 揚げたての薄手のトンカツを甘辛い醤油ダレにくぐらせて、そのまま天丼のようにご飯の上にのせたもの。ビックリカツ丼といって、丼飯の間にもカツを挟んだ2段重ねのものもあります。
 1945年に新潟市の「とんかつ太郎本店」が始めたのが発祥だとか。
 カツ丼というと油っぽいと思われがちですが、ここのカツ丼は、かなりさっぱりとした味付けで、柔らかいカツとサックリとしたころもが胃にもたれずボリュームがあるように見えて、最後まで飽きずに美味しくいただけます

 <参考>
とんかつ太郎
新潟市古町通り6-973
025-222-0097
 
posted by ツイスターズ2007実行委員会 at 21:23| Comment(0) | TrackBack(1) | 新潟観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月26日

イタリアン

IMG_2823.jpg
 

 ツイスターズ2007もそろそろ近づいてきていますので、新潟観光紹介をしていきます。
 と言ってもすべてを風船で作ろうとするのは無理がありましたので、とりあえず紹介だけ。

 ということで今回は「イタリアン」

 新潟では「イタリアン」というと「イタリア料理」でなく「ファーストフード」を意味します(いや、もちろんイタリア料理も意味しますが新潟市民の70%くらいはファーストフードのことを想像します)
 
 「イタリアン」と言えば「みかづき(店名)のイタリアン」なのです。(長岡市の人は「フレンズのイタリアン」ですね)

 うどんくらいの太麺とキャベツ・もやしを特製ソースで炒め、粉チーズで味付け。     
 それに白生姜を添え、トマトソースをかけたもの。
 味を説明することは難しく、まぁ、食べてみてよとしか言えませんがこれが新潟が誇るイタリアンです。

 もともとは「ソース焼きそば」がヒントになっていたそうですが箸で食べるという点を「みかづきの初代さんが『フォークで粉チーズをかけて』提供するというスパゲティ風でおしゃれなスタイルのまったくオリジナルの「やきそばイタリアン」を考えだしたとか。

 最近はサークルKなどのコンビニでも売っていますが、やはり学生時代から食べ慣れた「みかづき」のイタリアンが一番美味しく感じます。(まぁ、かなりチープな味なんだけど)

 ツイスターズ2007会場というよりは、宿泊地に近い、万代シティーバスセンター2Fに、この店舗はあるので、ちょっとしたついでに食べてみるのも面白いかもしれませんよ

 <参考>
 みかづきweb
 新潟市万代1-6-1万代シティバスセンター2階
 TEL 025-241-5928
 
 【地図
posted by ツイスターズ2007実行委員会 at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 新潟観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月12日

おわび

当方のメールソフトの障害により、4月中にお申し込みいただいた方の中で、大会参加のお申し込みメールが実行委員会に届いていない方が何人かおります。
 返信手続きメールが届いておられない方は、今一度ご送信いただけますよう、お願い申し上げます。
posted by ツイスターズ2007実行委員会 at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月22日

ツイスターズ2007、いよいよ申し込み受付開始

 はい、2ヶ月以上も間があいてしまいましたが、お元気でしょうか、皆様。
 ツイスターズまで残すところ、あと3ヶ月とちょっとということで、我々実行委員会の仕事も忙しくなってきました。
 
 さて、久しぶりにホームページの方を更新しました。
 
 コンテストの内容が決定。
 今年はスケジュールや会場の都合からラージ部門がなくなり
 代わってスモール部門、パフォーマンス部門、そしてアンダー15部門が追加となっております。
 コンテスト参加希望の方はご確認ください。

 また、申し込み受付の方も本日から出来るようになりました。
 まだ講座内容が決まっておりませんが、こちらも早めに決定したいと考えております。
 
 それでは皆様よろしくお願いいたします
 
posted by ツイスターズ2007実行委員会 at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月20日

「ツイスターへの21の質問」 Sui京さん

 さてさて、話題はホットな内に。
 先日、米国アリゾナ州で行われた”ダイヤモンド・ジャム”にてツイスターズ2007のディレクターえんじぇる氏がステージ部門で準優勝となりました。おめでとうございます。
 初日に飛行機の整備不良で飛ばないという情報を聞いたときは、”ネタの神様”の存在を本気で信じかけましたが、それでも準優勝ですからたいしたもんです。

 そして、同大会のバスカー部門で優勝した方もやはりジャパニーズ・ツイスターでした。
 
 ということで、今回はツイスターズ2005、ツイスト15、ワンバルーン部門で優勝し、そしてダイヤモンド・ジャム2007、バスカー部門で優勝したSui京さんに21の質問に答えていただきました。


prof.jpg 


----------「ツイスターへの21の質問」

1.あなたのお名前(芸名、ニックネーム)は  

 A.Sui京

2.風船をひねる上での肩書きは
 (バルーンパフォーマー、プレゼンター、デコレーターなど)

 A.バルーンクリエーター
  
3.あなたのツイスト歴は

 A.12年

4.主にどこで風船をひねっていますか

 A.京都を中心に関西圏

5.風船をひねりはじめたキッカケはなんですか?

 A.友人の結婚式の司会を頼まれ、さらに「親戚に小さい子が多いから
   子供ウケするものを何かやってくれ」
   と頼まれ、困ってビデオ(演芸番組)整理という名の
   逃避行動をしていたら、たまたま
   そのビデオでバルーンをやってる芸人サンがいた。
   これだと思った。天の啓示だった。
   
6.はじめて作った作品は なんですか

 A.犬やね。

7.どのようにしてバルーンツイストを覚えましたか

 A.最初は前記のビデオを見て必死で覚えた。
   あとは奇跡のようにはいってきた海外のレクチャービデオ数本と独学

8.風船をひねる上で参考になったものがあったら教えてください?

 A.上記のビデオ

9.普段使っているのはどこのメーカーの風船ですか。

 A.7:3でクオとセンペ

10.普段風船をひねるときに使う道具を詳しく教えてください
 (ポンプ、はさみ、マジックペンなど)

 A.ポンプはレッドポンプ、
   あと余りを切り取るカッター、
   細めの水性ペン

11.あなたの得意な風船作品は(オリジナル作で無くても結構です)?

 A.ロブスター 代表作と言ってもいい。

12. 好きなツイスト作品を3つあげてください(他の人の作品含む)

 A.1.syan君のザク
   2.おやじさんの白鳥
   3.瓶詰めのクマ

13.その作品が好きな理由はなんですか

 A.1.真似できない(したくない)
   2.文句無しに美しい
   3.初タイトル獲得の思い出深い作品だから
 
14.あなたがつくるツイスト作品に特に影響を与えてる人はいますか?

 A.特に無し 強いて言えばうちのヨメ

15.その人はどのように影響を与えていますか

 A.最も身近な審査員。

16. あなたが大好きな人に風船をプレゼントするとしたら何をつくりますか

 A.その人をみて考える。
 
17.これから欲しいと思う風船はありますか(色、形、素材など)

 A.260の倍の長さのバルーン(笑)
   あと虹色のバルーン360とかで。

18.ずばりあなたにとってツイストバルーンとはなんですか?

 A.生涯かかっても解けないパズル

19.これから挑戦したいと思っていることはありますか

 A.でっかーい作品を作ってみたい。

20.ツイスターズ(Japan Balloon Twisters Convention)に参加したことがありますか
  参加したことがある方は、会場名と感想を教えてください

 A.フル出場
  板橋:濃厚な空気が心地よかった。
     自分を知っているツイスターがいるのが
     嬉しい反面ふしぎだった。
  豊中:記念すべき初タイトル獲得の地
  小牧:夢に見た(?)ゲスト参加。ナンアリさんに感謝。

21.よろしければツイスターズ2007新潟大会へのメッセージをお願いします

 もう2日間ひねりまくるしかないですよね、
 大会終了後はみんな揃ってテーピング&腱鞘炎だ!!!

 
 Sui京さん、ありがとうございました。

 よろしければツイスターズ2007参加予定の方もお答えいただければ幸いです。
 答えた方は新潟の武宛にメールいただければ幸いです
 
posted by ツイスターズ2007実行委員会 at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 21の質問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月16日

瓢湖

 はい、更新はできる内にやっておこうということで、季節も季節ですし白鳥の湖の紹介です。

IMG_3123.jpg
湖の名前は瓢湖(ひょうこ)
 
 新潟市の隣、ツイスターズ会場から車で40分くらいのところ、阿賀野市の水原にある湖で用水用の人造湖として江戸時代につくられました。
 当時の池の形が、瓢箪(ひょうたん)に似ていた為、瓢湖という名づけられたとのことです。
 周囲は「瓢湖水きん公園」として整備されてまして、ツイスターズが開催される6月下旬ははまだアヤメの花が楽しめる時期ではないかと思います。
  
 さて、先に記したように瓢湖は白鳥が多く集まる湖で毎年10月頃から3月頃にかけて6000羽ほどのハクチョウが飛来、越冬します

 日中は周辺の田んぼで採餌することが多く、ほとんど鴨しかいませんが、夜には湖で羽を休めるため、朝夕が見所となっております

 元々は 1954年に故吉川重三郎氏(通称:白鳥おじさん)が、野生のハクチョウの餌付けに全国で初めて成功し、それから白鳥が集まるようになったということで、僕が子供の頃は「こーい、こい」と言いながら白鳥を呼ぶ姿を見ることができました

<参考>
 瓢湖水きん公園
 阿賀野市役所
 新潟県阿賀野市岡山町10番15号
 TEL 0250-62-2510
 【地図
posted by ツイスターズ2007実行委員会 at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 新潟観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

猫山宮尾病院

 今日は新潟の人でも、知らない人が多いスポットをご紹介します。
 スポットと言っても、実は普通の病院なので、見学などは出来ないと思います。
 なんで、病院を紹介するかと言いますと、その病院には面白い伝説が残っているんですね。
 
  新潟市の中心部にあるその病院の名前は「猫山宮尾(ねこやまみやお)病院」と言います。
  その名前は獣医さんぽいですが、実際には整形外科、もともとは接骨医さんだったといいます。
 
 現在の病院は昭和10年に開設されておりますが、歴史はさらに古く宝歴元年(1751年)に初代の宮尾宗閑という人が京ヶ瀬村(現阿賀野市)の猫山において接骨業を開業したのが始まりで、全国でも5番目に古い病院であると言うことです。
 猫山で宮尾さんがはじめた病院だから「猫山宮尾病院」のわけですね。
 

 ここに伝わる伝説とは、河童にまつわる話しです。

IMG_3119.jpg


 宮尾家初代が開業した猫山には河童が住んでいて、あたりの畑を荒らしたりして、住民を困らせていた。
 宮尾家の先祖は懲らしめとして河童の腕を切り落とし持ち帰った。
 それから毎晩、河童は宮尾家に腕を返して欲しいと頼みに来た。ことに7日目には強く懇願した。

 切れた腕など、どうするのかと訊ねると、秘伝の薬で元に戻るが7日を過ぎると効き目がない。今日が7日目なのでもう悪さはしないから何とか返してもらえないかと言う。 
 約束し、腕を帰したところ、河童は腕を元通りにし、お礼に秘伝の薬の作り方を教えた。 

 
 この秘伝の薬は「猫山アイス」と呼ばれるもので、いわゆる湿布薬です。
 「打ち身・くじき」の良薬として平成元年まで製造されていたそうで、実際古い人は「河童さんのお薬」などと言って、わざわざ新潟市外の遠いところからこの病院に通っていたとか。
  
 ちなみに「猫山」という地名はまだ残っております。

<参考>
猫山宮尾病院
 新潟市西大畑町601番地
 【地図
posted by ツイスターズ2007実行委員会 at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 新潟観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月09日

「ツイスターへの21の質問」 マジカルTOMさん

 みなさま、あけましておめでとうございます。
 2007年はいよいよツイスターズ2007新潟大会の年となります。
 よろしく、よろしくお願い申し上げます。

 と、新年もいい感じで過ぎましたところで、本年初の更新です。
 ツイスターズ2007、スペシャルゲストマジカルTOMさんに21の質問にお答えいただきました。 

prof01111.jpg
 
 ----------「ツイスターへの21の質問」

1.あなたのお名前(芸名、ニックネーム)は  

A.マジカルTOMです。本名はヒミツでお願いします。


2.風船をひねる上での肩書きは
 (バルーンパフォーマー、プレゼンター、デコレーターなど)

A.僕の場合は、ツイストバルーンはとっても大好きですが
バルーンで名前を売って仕事をしている訳では有りませんので、
基本的には大道芸人のマジカルTOMですね。
でも!しいて言うならバルーンを使ったパフォーマーかしらね?
 
3.あなたのツイスト歴は

A.この業界に入って直ぐだから、かれこれ10年ぐらいのお付き合いかしらw

  
4.主にどこで風船をひねっていますか

A.路上や営業先ですね。


5.風船をひねりはじめたキッカケはなんですか?

A.大道芸をする上で、手っ取り早く芸になるからσ(^◇^;;
(夢が無くてすみません)

6.はじめて作った作品は なんですか

A.勿論!ベーシックアニマルです。
ちなみに、オリジナル一号機は1本で作るピンクパンサーです。

7.どのようにしてバルーンツイストを覚えましたか

A.大手量販店で鈴木ラテックスのビデオ+ポンプ付きのセットを買ってw

8. 風船をひねる上で参考になったものがあったら教えてください?
(ホームページ、本、ビデオなど)

A.僕が駆け出しの頃に勉強になったな〜と感じた教材は、
定番ですが、マービーさんの初級・中級・文字数字などのシリーズ本ですね。
ちなみに、あの頃は日本語の物が出ておらず、僕は英語版を買い持っています。
今は反訳されているから分りやすくて良いですよね〜♪


9.普段使っているのはどこのメーカーの風船ですか。

A.その当時、他社を寄せ付けないほどの最高品質を誇っていた
クォラテックスを昔から愛用していたせいで、今でもクォラテクッスを
使用しています。それ以外は基本的に買っていないし使っていませんね。
 
10.普段風船をひねるときに使う道具を詳しく教えてください
 (ポンプ、はさみ、マジックペンなど)

A.大道芸や営業の時などは、やはり見た目も重要になってくるので
ポンプは使わず口で膨らましますが、楽屋や家の中では楽珍なのでポンプを使用します。

その他、バルーンに関する備品だと黒の油性マジックとハサミぐらいですかね。
基本的に、持ち運びの関係で道具は少なくが心情でして。

11.あなたの得意な風船作品は(オリジナル作で無くても結構です)?

A.特別、これが得意と言うものも無いですが・・・
やっぱり沢山あるオリジナルの作品は自分の顔でもあるので、
ことある毎に作る事が多いですね。

 
12. 好きなツイスト作品を3つあげてください(他の人の作品含む)

A.・インサイダーのダックスフンド
・6枚葉の花
・プードル

13.その作品が好きな理由はなんですか

A.シンプル イズ ベスト です。
何本もの風船を組み合わせれば、当然どんな複雑な形だって作る事が出来て当然!
だからこそ、出来る限り少ない本数でそれを表現すると言う基本を外れず!
なお!確り誰が見てもそれだと分る、とても作品素晴しい作品だからです。

14.あなたがつくるツイスト作品に特に影響を与えてる人はいますか?

A.う〜ん 特には居ないですかね〜
基本的に、作る人の癖などが出るものですが
絶対にそれぞれの作品毎に、この人のこの作品は素晴しいけれどこの作品はいまいちと言う事がありますので、誰が一番良いと言うのはありません。
プードルひとつ取ったって、人それぞれ作り方が微妙に変わっていたり
バランスが違かったりするものでしょ?だから一概にだれとは言えませんね。

15.その人はどのように影響を与えていますか

A.色々

16. あなたが大好きな人に風船をプレゼントするとしたら何をつくりますか

A.そうですね〜、今ならケーキかな〜
(最近のマイブームです。)

17.これから欲しいと思う風船はありますか(色、形、素材など)

A.色に関しては今直ぐ思いつかないけれど、
形だったら、星型とかあったら可愛いですよね。
素材だと、もう少し空気が抜けるのが遅く、作品が長持ちするような技術で出来た素材だと作ってあげたり飾ったりする人間にとっては嬉しいですね♪

18.ずばりあなたにとってツイストバルーンとはなんですか?

A.子供から大人まで目を輝かせ喜んでくれる夢の塊です☆

19.これから挑戦したいと思っていることはありますか

A.ツイストバルーンだけで大きな大きなジオラマが作ってみたいですねw
 
20.ツイスターズ(Japan Balloon Twisters Convention)に参加したことがありますか
  参加したことがある方は、会場名と感想を教えてください

A.毎回土日におこなわれるので、仕事柄参加が難しいのですが・・・
以前、東京のナランハ近くで行われた時は仕事終わりにチョロット寄らせて頂きました。

運営にあたり当然と言えば当然なのでしょうけど・・・
無料でもっと一般の人や子供などが気軽に立ち寄れる感じだったら、もっともっと良いのにな〜
とは思いましたが・・・裏事情を考えるとやはりそれはまだ、今の知名度では難しいですものね。
それと、やはり展覧会的な感じが強くツイストする楽しさがまだ表現しきれていない気がしてなにか、別の方法も考えた方があっても良かったかもしれませんね。

21.よろしければツイスターズ2007新潟大会へのメッセージをお願いします

A.楽しみましょう♪


マジカルTOMさん、ありがとうございました

 それでは、皆様本年もよろしくお願い申し上げます


posted by ツイスターズ2007実行委員会 at 05:44| Comment(1) | TrackBack(0) | 21の質問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。